沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラット・ピット、ロバート・レッドフォード評(リバー・ランズ・スルーイットより)

20051031230441.jpg
ブラピの映画はブラピを見たいからビデオで借りたり、映画を見に行ったりする事が多かったりしますが、この映画は映画それ自体が好きです。                                                                           自然の風景もきれいで、海育ちの身としては、森と河のある暮らしに素直に憧れました。                                                      監督としてのロバート・レッドフォードもこの作品で好きになりました。                                                             俳優として「スパイ・ゲーム」でブラピと共演してたけど、同じくらいかっこよかったな。                                                    (年齢差36歳!)                                                                                     デビュー当時のブラピは「第二のレットフォード」と呼ばれてたみたいだけど、確かに系統は同じかなと思ったりします。                                                                                      若い頃、レッドフォードは絵画を、ブラピはグラフィック・デザインを目指してたところをみると、性格まで似てるのか・・。                                                                                    でも、やっぱり2人に共通してるのは、カッコいいという事です。ここまでくると男としては少々ムカツキます。                                                                                          原作のノーマン・マクリーンはウィリアム・ハート(「ビレッジ」に出てた村長さん)と釣りに行き、「どうです?うまいでしょ?」と盛んに監督のアプローチをしていたウィリアム・ハートを蹴ってロバート・レッドフォードを監督にしたらしいけど、何となく分かる気がする・・。                                                                                    
                                                                                                                                                                                 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/12/13 11:09】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/12/30 16:53】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/2-25fdd3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。