沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルース・リー、ブランドン・リー評

20051108004114.jpg

20051108004309.gif
カンフーの神様に選ばれた親子・・・。                                                                                                                           共通点は「伝説」。                                                                                                                                    「アチヨ~~~~~~~~ッ。」ブルース・リーが生きてて、目の前でこの声出されたら、たぶん失神します(うれしくて)。                                                                                                                                   ドキュメンタリーや色んな本とか読んでると、伝説がありすぎて生き様が映画みたいです。                                                                                                    「燃えよドラゴン」の撮影中、エキストラが「お前、本当に強いのか?」と喧嘩を売ってきても楽勝で返り討ちにしたり、これはビデオで見たんだけど、標的(人の体)から拳が7~8センチ位の距離からパンチをして相手吹っ飛ばしたりとか・・・。強い、強すぎる・・・。かっこよすぎる・・・。                                                                                                     ブルース・リーの死後、ブルース・リーのそっくりさんがけっこう出てたみたいですが、無理です。ギリギリまで贅肉を削ぎ落とし、その上で鋼のような筋肉を纏う・・。ブルース・リーだから出来た技です。                                                                                                                                            そっくりさんの体見てると、筋肉は付けてますが、どうしても貧弱な印象が否めませんでした。後、表情から醸し出される哀愁のある顔。人間的にも、奥が深そうで思わず拝んでしまいそうです。                                                                                                                                                   好きな映画は「ドラゴンへの道」。                                                                                                                             若き日のチャック・ノリスとラストで戦うシーンは痺れます。後、戦闘前の柔軟体操とかするシーン、「背中ゴキゴキ」とか、屈伸で脛に頭が付いちゃったりとか。「す・すげ~~っ」。感動でした。                                                                                                                                                                                                ブランドン・リーは映画「クロウ」の撮影中に事故で死んでしまうんだけど、ファンじゃなくても親子揃って謎の最後を遂げてしまうと、何か運命的なものを感じてしまうんじゃないかな・・・。                                                                                                    伝説は作るものじゃなくて、作られるもの。この親子を見てるとそれを実感します。                                                                                                       昨日「クロウ」を借りてきて見ました。面白い・・・。                                                                                                                                                                   ブランドン・リー、もっと生きていい映画にいっぱい出て欲しかったな~~。(ブランドン・リーの写真、ちっちゃくてすいません・・・。)                                                                                                                                                                           豆知識・・・ブルース・リーが「燃えよドラゴン」で使っていた「ヌンチャク」、あれは沖縄空手の武器で、「ヌンチャク」も沖縄の言葉です(ちょっとうれしい)。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/28-e448e456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。