沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャメロン・ディアス、ミラ・ジョヴォヴィッチ評

20051108005148.jpg

20051108005205.jpg
共通点は「元モデル」。元モデルの女優さんは数多くいますが、この2人はその中でも群を抜いて人気があるように思う。                                                                                                                                    キャメロン・ディアスは写真で見ると、あまりかわいさが伝わってこない気がします。でも映画で見ると、かわいい・・・。「メリーに首ったけ」ではむちゃくちゃかわいかった。映画も面白かったし。                                                                                                                                               「マスク」(1994)でデビューしたらしいけど、彼女は「マスク」で演じてたような派手な服着た役より、普通の格好した明るい女性を演じた方が、かわいさが倍増する気がします。                                                                                                         「チャーリーズ・エンジェル」(2000)で見せた、Tーシャツにパンツ一丁の姿は良かった・・・。気絶しそうになりました。                                                                                                                                                                                  ミラ・ジョヴォヴィッチは「バイオ・ハザード」(2001)のヒットでアクションスターって感じになってますね。シリアスな演技もいい線いってる人で、スパイク・リー監督、デンゼル・ワシントン主演の「ラスト・ゲーム」(1998)で娼婦の役でいい味出してました。                                                                                                                                                                 手足長いっすね~、いかにもモデルって体型してます。                                                                                                                                                                   それにしても「バイオ・ハザード」シリーズ。「2」より「1」の方が面白いような・・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/31-368eb6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。