沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キアヌ・リーブス評

20051108010951.jpg

20051108011011.jpg

20051108011028.jpg

20051108011050.jpg
「マトリックス」で、キアヌ・リーブスが付けてたサングラス。                                                                 あれ、持ってます。                                                                                     一度付けて、それっきり・・・。                                                                               今度付ける時は、僕が整形した後になると思う・・・(しないけど)。                                                              あごはシュッ、髪はサラッ、お目目はキラッ・・・。                                                                      「なんなんだてめえ!!」                                                                                  転校生にこういう奴来たら、こう言いながらガリ股歩きで近づいていく男子が出てきます。                                                     こういう奴ってのがキアヌ・リーブス。                                                                            かっこいいよな~~。                                                                                    サングラス付けて彼に近づけると思ったのは僕だけではないはず・・・。                                                             「マトリックス」の前からすでにトップスターだったけど、「マトリックス」で大爆発したな。                                                   個人的には「リローデット」が一番好き。                                                                           モニカ・ベルッチ出てるし・・・。                                                                              彼女が乳とか出してたら、三部作の中ではなく、映画の中で一番好きになってたと思う。                                                      物語はなんとなく哲学の匂いがあった様に感じます。                                                                      この現実が実は幻で、違う世界があるというトコ・・・。                                                                    老荘の思想の、現実が夢で、夢が現実。どっちがそうかはわからないってトコと似てて、「お~~っ」 って一人で感心してしまった。                                                                                この人自体からも、そういう哲学的な雰囲気を感じます。                                                                    浮世離れした顔してます、四十代には見えない。                                                                        大作ばかりに目が行きがちだけど、興行無視のいい映画にも結構出てます。                                                            その一つが「ひだまりのグラウンド」(2001)。                                                                        破滅寸前の男がひょんな事から少年野球のコーチになり、優しさを取り戻していく・・・。                                                     お勧めです。                                                                                        仲のいい映画スタッフに何千万か上げたらしい・・・。                                                                     友達になってください・・・。       
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/38-d5fb7a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。