沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャック・ニコルソン、アンソニー・ホプキンス評

20051108015629.jpg

20051108015652.jpg

20051108015712.jpg

20051108015736.jpg
「うい奴じゃのう、ちこうよれ。」                                                                              「おやめください!!お代官様!!」                                                                             「よいではないか、ほ~れ、ほ~れ、ウッヒャッヒャッヒャッ」。                                                                「あ~~~れ~~~っ。」(帯を解かれて、クルクルクルクル・・・)。                                                             この2人に、これやってもらいたい・・・。                                                                          共通点は「チョンマゲ外人」。                                                                                この2人は、絶対似合うと思う。                                                                               でも、アンソニーがこれやると、ついでに食べちゃうかも(文字通りの意味)。                                                          「ロードショー」で、「あなた以外にレクター役をするとしたら誰にする?」の質問に、「ジャック・ニコルソン」と答えてました。                                                                                 いいかも。                                                                                         うーん、暑苦しい・・・。                                                                                  写真並べると、改めて思う。                                                                                 2人とも、美形ではないですが、存在感と確かな演技でスターダムに君臨してます。                                                        ジャック・ニコルソンで好きなのは、ショーンペン監督の「クロッシング・ガード」(1995)。                                                   元妻のアンジェリカ・ヒューストンに罵声を浴びせるシーンは、素でやってるっぽくて迫力ありました。                                                                                             怖・・・。                                                                                         アンソニーで好きなのは、やっぱり「羊達の沈黙」(1991)。                                                                  「こんな顔に食べられたくない!!」ってのが最初見た感想。                                                                  当たり役ですね。                                                                                      その演技力から地元イギリスで「サー」の称号までもらうとは・・・。                                                              男は顔じゃないぞ!!                                                                                                                                                  

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/52-fe2d9463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。