沖縄発信!!ムービー・ウィンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャップリンとキートン

20051111001012.jpg

20051111001031.jpg
あえて、「評」は抜きました。                                                                                恐れ多いので・・・。                                                                                    十一月八日、休日。                                                                                     子供を保育園に連れて行き、奥さんは仕事。                                                                          朝からビール飲みつつ、図書館で借りてきた「バスター・キートン短編集」を鑑賞。                                                        幸せ・・・。                                                                                        すごい・・・、すごすぎる・・・。                                                                              作品の年代は、「1921年」。                                                                               こんな昔に、こんなオリジナリティーあふれる映像が作れるのか。                                                                昔、テレビで生い立ちを紹介してたんですが、サーカスの一座で育ち、両親から虐待寸前の教育を受け、何があっても表情をほとんど変えない技を身につけたとか・・・。                                                               でも、不思議と、どんな動物にも好かれる才能があったとか・・。                                                                謎めいた人です。                                                                                      この人の映画の特徴は、なんといってもアクロバティックな技で見る人を感動させる体を張った演技。                                                CGとかなかった時代にここまでのことをやるとは・・・。                                                                    今なら、強いて言うと、ジャッキー・チェンが動きの流れを踏襲してるのかな・・。                                                        アクションって訳では無いのですが・・・。                                                                          同じ時代で活躍したチャールズ・チャップリン。                                                                        違うスタンスで活躍していたので、比べるのは馬鹿げた事だと思いますが、同じ喜劇で言うと、彼は根っこに哀愁や愛をベースに活躍していた人。                                                                           これが彼をキートンよりちょっと有名にした原因なのかな・・・。                                                                でもやっぱり、比べるのは愚かだとおもう。                                                                          チャップリンの「チャップリンの独裁者」(1940)。                                                                      見たのは、小6位の頃。                                                                                   この映画で、この人が独裁者として(本当は違うんだけど)、演説をするシーンがあります。                                                    泣きました。                                                                                        小6なのに泣きました。                                                                                   この人の偉大といわれる所以がここにあります。                                                                        映画を好きな人は、この2人の映画、是非見るべきです。                                                                    でも、アルコール抜きで見たほうがいいです。                                                                         最後、眠くなるので・・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/10 20:49】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/23 19:03】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2013/02/11 07:15】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/19 00:31】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/21 19:06】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/24 05:13】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/11 22:54】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/15 07:18】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/25 23:25】 | #[ 編集]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/08/29 11:23】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://gazu.blog33.fc2.com/tb.php/58-7e1132a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。